案件を依頼する時に知っておきたいYouTuber側の考え方3選



こんにちは、YEConnectの広報部です。


YouTuberという言葉が広く知られるようになって久しいですが、その生態、考え方は一般の人にはまだ全然知られていません。


今回は、企業の方向けに、企業案件を依頼するときにトラブルを生まないように知っておきたい彼ら、彼女らの内側に迫っていきましょう。


目次

1案件に対する考え方は実は、?

2依頼のメールに返信してくれないワケ

3提出期限は守れない?


1. 案件に対する考え方は実は、

YouTuberは、普段のアドセンス収入より高額の報酬になる案件に対してどのように考えているのでしょうか?


考え方は人によって下の3つに分かれます。


i)案件がなんでもやりたい人

ii)案件は絶対やらない人

iii)案件で紹介する商品、サービスが良いと思えばやる人 



ただその中で多数を占めるのはiii)の質がいいと思えばやるYouTuberです。


これはYouTuberの立場を考えると当然と言えます。

企業案件をするとき彼らは


「視聴者からの信用をお金に換えている」のです。


収入源となるいつも見てくれているファンに対して、「お金儲けが目的か!」と思われるリスクを抱えているのです。


お金を積まれたとしても、日頃からのファンに対して、自分があまりお勧めできないものを動画で宣伝するでしょうか? 当然そんな動画を出すくらいなら、誠実に動画を作ってよりファンを増やしたいと思うでしょう。


さらに炎上のリスクも抱えています。

後に紹介した商品が実は、いわゆる「怪しいもの」だったら、それを広める動画を出したYouTuberに批判がくることも想定されます。


このように、「人気商売」としての側面があるYouTuberは大半が、使いやすいとか、役に立つと確信し、信用できて初めて、その商品を宣伝したいと考えるのです。

(実際にYouTube事務所ではかなりのリーガルチェックをされます。)


そのためYouTuberに案件を依頼するときにはその商品の良さをしっかりと伝わるようにする必要があります。



2. 依頼のメールに返信してくれないワケ