家庭教師の個人契約とは? ~メリット・デメリットや契約書の必要性、オンライン家庭教師、サービスの比較~

更新日:2021年12月14日

はじめに

最近、家庭教師を依頼する際によく耳にするようになった個人契約ですが、「あまりよく分かってないし怖そう...」「何がお得なの??」という方も多くいらっしゃると思います。


そこで今回の記事では、家庭教師における個人契約の、メリットやデメリットから、契約における注意点や、オンライン家庭教師についてまで、家庭教師の個人契約における基本的なことは全て網羅いただけるように、ご紹介していきたいと思います。





そもそも家庭教師の個人契約とは?

まず、家庭教師を依頼する方法として、大きく分けて2つあります。


最初に、仲介業者を通して家庭教師を見つけるという方法です。これは、仲介業者に家庭教師を依頼したいと申し込むと、その業者が管理している先生の中から先生が紹介するという形態です。

この形態の特徴としては、保護者さんは仲介業者にお願いするだけで良いという面がある一方、授業毎(または月毎)に払うお金の内、仲介業者に30%から50%程度が取られることや、お子さんに合った先生が必ずしも見つけられないというデメリットもあります。


これに対し個人契約とは、保護者さんと先生の間で直接契約を結ぶという形態です。

こちらは、先程と異なり仲介業者を通さない分、授業毎に払ったお金はそのまま先生の手に渡るので安く済む、また自分で見つけられる分、お子さんに合った先生を見つけやすいというメリットがあります。一方、契約をする際はいくつか注意点もあります。


個人契約におけるメリットデメリット


メリット

  1. 払ったお金がそのまま先生の手に渡る

  2. 先生のモチベーションがUPする

  3. お子さんに合った先生が見つけやすい

個人契約におけるメリットを、大きく3つ挙げました。順に詳しく説明していきたいと思います。


まず、1. 払ったお金がそのまま先生の手に渡る についてです。これは、先程も説明した通りですが、個人契約では仲介業者を通す場合と異なり、授業のために払ったお金がそのまま先生の元に行きます。

例えば仲介業者を通す場合に、毎授業9000円払わなければならなかったとします。この内、仲介業者に4500円が取られ、残った4500円が先生の手に渡ります。一方個人契約の場合、仲介業者に払う分がないので、毎授業4500円のみを払えば良いのです。これは個人契約の大きなメリットです。


そして、2. 先生のモチベーションがUPする についてですが、これは一見するとよくわからないかもしれません。しかしこれは、1で話したことと大きく関係しています。

つまり、同じ額を保護者さんが払うならば、仲介業者を通す時よりも個人契約で先生に依頼した方が、先生に入る額が多くなるので、先生の指導に対するモチベーションがUPするというわけです。先生のモチベーションは、