特定のYouTuberの視聴者層はどこまで分かる?

更新日:2020年5月27日


今回はYouTubeでタイアップ案件をする際に重要な視聴者層に関する記事です。






今日最も大切なことは



「YouTuber本人しか視聴者層は知りえない」



ということです。これはなぜなのでしょうか?またどう視聴者層を把握すればいいのでしょうか?





まずはターゲティングの違いについて、YouTube動画広告と、YouTuberとのタイアップ動画(=案件)を比較しながら考えていきます。


そしてその違いからわかるタイアップ動画での強み、注意すべき点を解説します。



目次

1.YouTube動画広告でのターゲティングと費用


2.タイアップ動画でのターゲティングの問題点

(広告主や広告代理店とYouTuber本人の目線の違い)

    


3.タイアップ案件での強み


4. まとめ(タイアップ案件でクライアントが注意すべきことは?)



==================

念のため語句の確認をしておきましょう。


・YouTube動画広告とはYouTubeを運営している Googleの広告部門に宣伝費を払って、動画の前(途中や後の場合もあり)に宣伝を流すこと。テレビでいうCMのイメージ。

・タイアップ動画とはYouTuberに商品提供や金銭といった報酬を渡して商品をPRしてもらう動画のこと。

==================



1.YouTube動画広告でのターゲティングと費用




YouTube動画広告ではかなり正確にターゲットを絞った宣伝が可能です。

「地域」「ユーザーの言語」「性別」「年齢」「子供の有無」「興味のある分野」が選択できます。


ⅰ. 地域…2020/4/25現在は国、県、市レベルまでターゲットを絞れます。また東京都の場合は中央区、渋谷区といったように区レベルまで限定することができます。